日記とエッセイ

2020/05/19

toi booksさんから河出書房新社の日本文学全集が届いた。もったいなくて開けられないし玄関から...
日記とエッセイ

2020/04/29

久しぶりに、精神的にひとりきりになれた。本を読んだり日記を書いたりして充足したあとって、生活に戻る...

「文喫」に行ってみて

「文喫」に行ってきた。 入場料を支払って入る本屋さん。珈琲と煎茶が飲み放題で、軽食メニ...

川上未映子『夏物語』と『現代思想:反出生主義を考える』を読んだわたしのとりあえずの考え

少し前のニュース。 出生数90万人割れへ 19年、推計より2年早く:日本経済新聞 まだ...

大前粟生『回転草』

ほんとうに羨ましい、と思った。わたしが置いてきたもの。思春期の夜、溢れ出して止まらなかったもの。眠...
日記とエッセイ

君が眺めていないとき、月は存在するか?

この質問をいつも投げかけてくれた彼女のことをわたしが思い出したのは何年ぶり...
日記とエッセイ

死んでしまっているかもしれない

何かを書くというのは訓練のいることなんですよねえ。前のブログをやめてしばらくしたらすぐに141字以...

千葉雅也『意味がない無意味』

意味がない無意味 posted with ヨメレバ 千葉 雅也 河出書房新社 2018年1...

村上龍『愛と幻想のファシズム』

愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫) posted with カエレバ楽天市場AmazonY...

町田康『スピンクの笑顔』

スピンクの笑顔 posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング ...
タイトルとURLをコピーしました