白い街

今朝方はとても幸せな恋愛の夢をみて、目覚めたくなくて、何度も寝直して続きを見た。

あらゆるものが真っ白か半透明の素材でできた大きな街での出来事で、やはり白くてつるつるした素材でできた大変長いエスカレーターに乗っている場面が印象的だった。

実際の友達がたくさん登場したけど、舞台になった街に見覚えは全くなく、夢は面白いなと思う。

目覚めてからしばらく、

自分が相手のことを好きかどうかわからない、好きになってはいけない気がする、好きだと認めたくない、でも、でも、でも……というのが恋なのかもな、

みたいなことを感じていた。

今日は蒸し鶏です。ねぎソースをかける予定。

COMMENT

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください