小説

Articles

宇佐美りん『かか』

なんで「自傷読書」か。それは、この小説のさわりをちょっと立ち読みした瞬間に、「これはわたしのよく知っている体験について書いてある小説だ」ということと「わたしの急所を的確に突いてくる、わたしにとってかなり...
Articles

川上未映子『夏物語』と『現代思想:反出生主義を考える』を読んだわたしのとりあえずの考え

少し前のニュース。 出生数90万人割れへ 19年、推計より2年早く:日本経済新聞 まだ90万人も生まれていること、生まれさせることを決めた親が90万組もいることにむしろ驚愕する。わたしはそっち側の人間である。 川上未映子...
Articles

大前粟生『回転草』

ほんとうに羨ましい、と思った。わたしが置いてきたもの。思春期の夜、溢れ出して止まらなかったもの。眠りを妨げたもの。無茶な恋愛を引き起こしたもの。「どうせ誰にもわからない、あなた以外には」みたいなことを思わせる、自分の肋骨の真ん中にあり続け...
Articles

村上龍『愛と幻想のファシズム』

愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫) posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング 愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫) posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッ...
タイトルとURLをコピーしました