『よるのいぬいのるよ』

回文:コジヤジコ、イラスト:安福望、デザイン:こまゐ図考室(駒井和彬)

自分へのクリスマスプレゼントとして買った。回文作品集。なんだか、今の自分が持っていなければいけない、という気がして。届いた本を手に取った瞬間、自分の感覚が正しかったとわかった。

とってもちいさな本なのに、ページをひらくとあまりにも広い世界がひろがっているので驚く。アリスがウサギ穴に落ちたときのような? アリババが洞穴の中を見たときのような? いや違うなあ。うまくいえない。もっと、平和な夢みたいな世界がここにはあるんだよ。嬉しいな。

クリタさんの「やさしい呪文」っていうのが本当によくこの詩集の雰囲気を言い当てていると思う。

たくさん覚えて唱えたいな。そしたら、なんとかなるような気がする。これからのいろんなことが。

Comments

タイトルとURLをコピーしました