MENU

2020/05/22

一日のうちでいろいろなことがあったはずなのに、池澤夏樹編の日本文学全集を開封したことしか覚えていない。背表紙の淡い彩りたちが静かに膨らんで、今日という日を占領し、昨日や明日の方向へと広がってゆくのをただただ感じている。

0
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ものを書いたり編んだりする / お酒・珈琲・音楽が好き / 関西在住

カテゴリー

アーカイブ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる