〈リバティの襟付きワンピース〉――『ザ・ワンピース』の型紙で

リバティワンピースができました。

この前つくったギンガムのワンピース↓とまったく同じパターンです。

生地が違うだけでけっこう印象が変わるもんだなあ。

今回もスカートにはたっぷりの布を使っていて、風に吹かれたいシルエット。
ボタンは、シンプルな丸型の貝ボタン。
バックルは、ずっと前に古着屋で安く買って最近まったく使ってなかったベルトから拝借しました。

「自分のもの」になる瞬間

今回は、好きな人が「これが似合う」って選んでくれた柄で作りました。
江坂の大塚屋までわざわざ付いてきてもらって(ありがとう)

わたし、リバティ生地買うのこれが初めてで……
リバティってめちゃくちゃ種類あるし、高級だし、自分だけで決める自信なかったんですよね。それで頼みました。

なんだか布地の状態で似合うものを選んでもらうのって、既成服で同じことをやるのと全然違う経験だと思った。
相手に想像力を働かせてもらうという贅沢がある!

選んでもらったからにはちゃんと作りたくて、ちょっと緊張感漂う制作でした。

それでね、少し話が変わるけれど、

布を買ってきて家で服を作ったことある人には通じるんじゃないかと思うんだけど、買ってきた布って最初はかなりよそよそしいんですよね。

家にある他のものと比べて、明らかに異質な雰囲気があるというか、これはわたしの所有物ではないと思わせるオーラがあるというか。

だけどできあがって試着してみた瞬間に「自分のもの」になるんだよね! あの感覚……何なんでしょうね? とても不思議。
「ついに認めてもらえたぞ! あの頑固な布地に!」みたいな感じなんだよなあ(?)

これは、服を縫うことでしか得られない快感だと思います。
(ちなみに編み物は縫い物と違って、最初から親しみやすいような気がする)

きっと似合うと言ってもらった嬉しい気持ちと、似合わなかったらどうしようという不安な気持ちに揺れながら向き合っていた今回の布地。
ラスト、無事に自分のものとなった喜びもひとしおでした☺

基本情報

パターンの出典と生地の情報を載せておきますね。

パターン:篠原ともえさんの『ザ・ワンピース』
生地:リバティプリント タナローン Ciara

次は……?

この夏はワンピースを2着作ることが目標でしたが、6月の時点で既に2着できてしまいました(やったあ)

今年の夏はもういいかなあと思っていたのに、縫い終わったあとに『ザ・ワンピース』をぱらぱらめくっていたらカシュクールワンピース縫いたくなってきてしまったよ。
ファスナーもボタンもいらなくて作るの楽そうやし……

きれいなリネンが安くなってたりしたら作りたいな〜。
元気があったら大塚屋のセールに行きたいけど、遠いし結局ノムラテーラーとかで買うかも。

はあ、ワンピース100着ほしい。

【完成】ハーフスリーブの襟付きニットブラウス

4月から編んでいたコットン糸のニットブラウス、やっと完成。

あと袖1本ってところでしばらく放置してた……
もう少しで終わるというところでいつも停滞してしまう。なんででしょうね笑

◇ 基本情報

・編み図掲載本:『ヨーロッパの手あみ 2019/春夏』(日本ヴォーグ社)
・糸:コットンコナ ファイン(338・302)
・針:棒針7号、5号、かぎ針4/0号

◇ いろんな編み目で表情ゆたか

このブラウス、全体のフォルムももちろんかわいいのだけれど、それぞれのパーツが異なる編み方で作ってあるのが本当に素敵なんですよね。

身頃は棒針でグレー糸とアイボリー糸を2本取りにしてアイレット模様。
襟は棒針でグレー糸1本の鹿の子編み。
袖はかぎ針でグレー糸1本の松編み模様。

編み方にバリエーションがあると、飽きずに編めるというのもGood。

◇ 次なに編む?

ウェアは、同じ『ヨーロッパの手編み 2019/春夏』に載っているかぎ針編みのポロセーターが素敵だなと思ってる、のだが……深緑×黒という指定の色合いが自分に似合う気がしなくて、でも違う色で編んでしまうとデザインの良さが減っちゃう気がして、踏み出せず。

小物だと、かごバッグを一度作ってみたい。
そろそろ革のかばんを暑く感じる日も出てきたし。
流行りのサークルバッグでもいいけど、浴衣に持ちやすいデザインもいいなあ。
だけどかごバッグってどうしてもかなりナチュラルなデザインが多くて、なかなか、これが欲しい! っていうデザインを見つけられておらず。

また図書館や書店をうろうろしてみようかな。

では今日はこのへんで。
編んだブラウスいつ着ようかな。楽しみです。

〈ギンガムチェックの子供服みたいなワンピース〉――『ザ・ワンピース』の型紙で

春夏ワンピースが完成したよ!
わたしの生涯ふたつめの自作ワンピース。

紺色のギンガム生地は、播州織の先染めコットン。
「おとな向けファミリア」をテーマに、白い襟を付けて。
チューリップスリーブと、たっぷり布をつかったスカート部分が最強の可愛さ。

ひとつずつ違うお花の貝ボタンのアソート。
そんなこと、近づいてよく見ないとわからない。だがそれがいい。


パターンは、篠原ともえさんの『ザ・ワンピース』から。
ベルトはオリジナル。でもしっかりウエストが絞られているので、ベルトなしでも可愛く着られる。

わたしが見たことある洋裁本って、ゆる〜っとしたシルエットがほとんど。
流行もそんな感じだし、多くの人の体型に合うように作らなきゃいけないっていうのもあると思う。

そんな中で、この『ザ・ワンピース』シリーズ(現在3冊出てる)はかなり身に沿うシルエットばかりで、見ているだけでもほんとうに可愛くて最高! なんです。
で、今回初めて実際に作ってみて、あまりのフィット感に感激……。
こういうシルエットの服、最近は既成服でもあまり見かけない。
つまり、自分で作る意味がめちゃくちゃある!
嬉しい!

ただ、多くの人のレビューどおり、市販の服よりもサイズが小さめに作られているみたいで、普段Sを着ることが多いわたしはこの本ではMサイズでぴったりという感じでした。
これからこの型紙を使う方がいらっしゃったら、あらかじめサイズを確かめることをおすすめします。

さて、このギンガムのワンピは実は「練習」。本番は別に買ってあるリバティなんです。
今回うまくできたので、次はいよいよリバティ生地で、同じ形のワンピースを作ります。
高価な生地、裁断に緊張する><
でも、すごく楽しみです。

襟付きのニットブラウスを編んでいます

『ヨーロッパの手編み 2019/春夏』p.7に掲載の、プチカラー付き・ハーフスリーブのニットブラウスを編み始めました。
細いコットン糸を使い、身頃は棒針で糸2本どりのアイレット模様、袖はかぎ針で糸1本の松編み模様で編み上げる作品。


今、後ろ身頃の袖ぐり手前まで来ました。
ほとんどの部分がメリヤス編みなので、進行が異常に早い気がする……

棒針では今までアラン模様の作品しか編んだことがなかったので、それに比べればまあ、当たり前なのだけれど。
1段ごとに編み図を確かめる必要がないというのはこんなにも気軽なのか〜と思いました。


2本どりはわたしにとって初めてで、最初少し緊張してました。
でも、指定の糸「コットンコナファイン」がとても編みやすいものであるためかまったく難しく感じることなくここまで来れました。

この2本取り部分の色合わせが、このブラウスの妙であるように思ったので、指定糸の指定色で編んでいます。

写真のように、糸玉の状態だとこんなに違って見えるのに、糸1本どうしを比べたらほとんど色の違いがわからなくなります。

このように微妙な2色で編むことで、遠くから見たときニュアンスが出て素敵なんだろうなと思います。
そして、アイレット模様ということで、どんな色のインナーを下に着るかでかなり雰囲気が変えられそう。


袖はかぎ針だから、身頃に飽きたら袖を同時並行しても良いのかも?
かぎ針を使うのがめちゃくちゃ久しぶりという気がするので、友人と編み会するときに教えてもらおうかな……と企んでいる。。。


そういえば、今日から編み物のときはバランスボールに乗りながらやることにしました。
尖ったものを持っているので、誰かにおすすめすることはできないですが。

最近太りすぎてしまって、可愛いもの編んでも似合わなかったら悲しいので少しでもがんばろうと思っています(T_T)

今日の編みBGMは英語の適当な動画をいろいろ流してみています。
ちょっと英語やりなおしたくて。
なんらかの締切がないとがんばれないのでTOEICでも受け直すか???

ではでは〜
↓掲載されてる本です

コットン100%のアランニットベスト

以前少し触れた、綿のニットベストが完成しました!♡
わたしにとって初めてのウェア作品。
コットン100%の、かなりベーシックなデザインのベストです。

◇ 基本情報

・デザイン:河合真弓さん
・編み図掲載本:『アランニットの本 Best selection book』(日本ヴォーグ社)
・糸:コットンニィートs

特にゴム編み(苦手)と、ゴム編み止めでの処理に雑なところが見えるのですが……
初めてのウェア、初めてのコットン糸、しかも安めの糸にしてはたいへんよくできました。

◇ 編み上がる直前まで不安だった

手編みって編んでるときはすごく近くで編み目を見るじゃないですか?
そしたらすごく鹿の子編みの凹凸が激しく見えてて、
しかも、前身頃と後ろ身頃を接ぎ合わせるまでは、端っこが処理できてない状態だし、
編んでる最中はとてもカジュアルな雰囲気に見えていて、
これわたしちゃんと着られる!? 無駄になったらどうしよう…みたいに不安でした。

でも、袖口のリブが付いたあたりから少しずつ「いけるのでは?」という雰囲気になり、
最後に襟のリブが編み上がったときには完全に「勝った……!」という感じでした(何に?)

そして、今日ぶじにスチームアイロンを終え、
こうやって遠くから写真に撮ってみたら、ちゃんと好みの感じに仕上がったということがわかる!
大満足です。

早速今日着ているのですが着心地もとても良い。
地の部分が鹿の子なので糸を多めに使っている分、重くなるのではと心配しましたが、
まったく気になりません。軽い。着やすい。

◇ 秋冬デザインを春夏糸で、なんて無謀

実は、この編み図、
もともとウール糸指定の秋冬のデザイン。
それをコットン糸で……というチャレンジをしています。

今思えば、なんで初心者なのにそんなことを!? と思う。
でも、このベーシックなベストがどうしても春に着たくて、春夏用の編み本を探しに行く時間すら待てずに、手持ちの編み図で始めたんですよね〜

結果オーライでよかった、ほっとした。
次はちゃんと季節通りのデザインを、指定の糸で編もうと思っています。

◇ 次に編む予定の作品

『ヨーロッパの手あみ 2019/春夏』に掲載されている、5分袖の襟付きニットブラウスを編みますっ。
雑誌の誌面をここに載せるのは控えますが本当に可愛くて。
ベージュ寄りのグレージュっぽい糸とアイボリーの糸の2本取りで編むようです。
小さな襟がついてて袖は透かし編みで、繊細な雰囲気。
模様編み率が少ないぶん早く仕上がりそうな気もするけど、今度はかぎ針も使うし、2本取りもあるし、難しいかも。
ああ、でも編み始めるのが楽しみだなあ。
現在、指定糸の取り寄せ中です。
また編み始めたら、Instagramのストーリーに載せたりすると思いますたぶん。

とにかく、はじめての大物が完成した嬉しさ。
早く春本番にならないかなあ。たくさん着たいな🌸