日記とエッセイ

2020/05/17

昨晩は2回も中途覚醒してしまった。2回目に起きたときに家のすぐ近くでカラスがとても饒舌になっていて、ああ自分にカラス語が話せたら絶対今あいつとしゃべって時間を潰すのになあと思った。 スヌーピーの形のマカロニを茹でて、野菜と合わせてコ...
日記とエッセイ

2020/05/16

今日は、お目当てのケーキ屋さんに行く約束をしていた日。有名&人気店で連日行列ができているので、開店アタックを試みた。今日は雨だからそんなに並んでないかも、と思っていたが、その見通しは甘かった。早めについたつもりだったのにすでに10番目だっ...
日記とエッセイ

2020/05/15

目覚めた瞬間、「昨日の預言が当たった!」という喜びに震える。つまり、今日は気分が良い! 昨日はあんなにどん底にいたのになあ。数週間沈みっぱなしにならなかったということは、そこそこ適切に対処できたということなのだろうか。よかったですね。 ...
なにかについて

つかいみち

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集を購入した。国からもらえる10万円を見越しての注文だ。 数日前に届いていたのだけれど、なんだかもったいなくて開けられなかった。箱を開けてカラフルな背表紙を見る瞬間を、脳内で何度も何度も再生する...
日記とエッセイ

2020/05/14

無理でした。すべての予定をキャンセルして寝ていました。寝る直前に流れてきたチクワ演奏動画でくすりと笑えたので、明日には回復しているかもしれない、と思います。そうだといいなあ。
なにかについて

名付けられた牛と名もない牛を食し、誕生日を祝った夜

世の中には、自分の気持ちの中でなんとか折り合いをつけなければならない場面が数多くある。ものを食べるという行為は、その最たるものではないかと思う。目の前の食材を犠牲にして自分は生きていくのだという事実を毎回突きつけられる。動物や植物の「痛...
日記とエッセイ

2020/05/13

今日のぶんから、7日後に公開することにする。曜日が揃ってるほうが面白いかなと思うから。 朝から、世の中の大部分の不気味な明るさが怖くなって、うまく動けなくなった。一瞬ごとに何かを失っている、というか、喪っている、と書きたくなるような...
なにかについて

松井酒造×酒ストリート オンライン蔵元会

先週の土曜日、京都の酒蔵・松井酒造と日本酒スタートアップの酒ストリートがコラボ開催した「オンライン蔵元会」に参加した。 備忘録として、テイスティングの感想、学んだこと、参加してよかったことなどをまとめておこうと思う。 イベン...
日記とエッセイ

2020/05/12

誕生日。 なにもしてこなかった。これからも、なにもせず生きてゆくのだろう。ドビュッシーのピアノ曲を聴いていると、こういった事実をとても自然なものとして受け止めることができる。窓の外で花が揺れているのを見ているような感覚で、自...
日記とエッセイ

2020/05/11

暑すぎて溶ける、溶けていってスライムみたいになったら、ずるずる移動できるようになるだろうか。左足と右足、という概念から解放されれば、世界の見え方が変わるかもしれない。などと思いながら郵便局に行ったら、とても混んでいた。これまでこんなに混ん...
タイトルとURLをコピーしました