〈ちいさな白襟のブラックドレス〉―― ある友人のために

「ワンピースをつくってほしい」

光栄すぎる依頼を受けてからおよそ2カ月。ようやく一着が完成した。

他人のために洋服を仕立てたことのないわたし。いつも自分用に作るときのように、身体に当てながら微調整したり、見えないところを適当にごまかしたりすることができない。
なんとか形にするので精一杯。
誰かの服を作るのがこんなに難しいとは思わなかった。

自分のために作ったワンピースの数もまだ片手で足りるようなわたしに依頼してくれる意味がわからなくて、
「まだ初心者だから全然縫製よくないよ」
「家庭用ミシンだから生地端の処理がうまくできないよ」
ってたくさん言った。
そんなわたしに彼女がくれた言葉、

「〈あなたの縫ったワンピース〉というのがほしいんです」

驚いて、何も言えない空白があった。
そんなふうに言ってくれる人がいるんだ。こういう台詞って、フィクション限定じゃないんだ。
ぜったい一生忘れない。

この一言で、わたしの来年の目標が増えた。それは、自分でパターンを引けるようになること、そして仮縫いをしっかりして微調整した上で完成品を作る技術を手に入れることの2つ。そのために来年はボディ(マネキン)がほしいなあと思っている。

自分そのものに価値を見出してくれる人がいるからこそ、自分ができることを増やしたいと思えるのだと知った。

友達と一緒に生地を選びに行って、一緒にできあがりを想像するのは本当に楽しい時間だった。
これかわいい! ってしょっちゅう声を上げる彼女を見て、わたしは最近こんなふうにときめくことができていない、と思った。見ている世界が違う。カラフルな世界を見たい、昔は見えていたはずの極彩色の光景を見なくてはならない。

謎の責任感が生じていた。あの時わたしは大量に並ぶ生地の森の中を歩きながら、自分の価値をあまりに低く見積もりすぎてきたこととその行為の傲慢さに気づき、これをどうにかして償いたいと強く思ったのだ。

償うとは? これからも繰り返し滲み出してくるであろう無価値感に耐えること、そして、はねのける機会をうかがい続けること? それがわたしにできるだろうか。わからない。できるかどうかに関係なく、やってみようと思うことには一定の意味がある。あれ以来ずっと言い聞かせている。

ちょっとよそゆきのワンピースを、彼女はどんな日にどんな気持ちで着るのかな。自分の触った生地が服のかたちになって誰かに纏われるのはとても不思議な気分だ。誰かといっしょにどこかに連れて行ってもらえる気がする。そうやって自分が友人とか、他の誰かにくっついたまま無限に広がっていくなら、やはりわたしはわたしのことをもう少し大切にしなければならない。いろんなところに、最後までちゃんとついていけるように。

〈リバティの襟付きワンピース〉――『ザ・ワンピース』の型紙で

リバティワンピースができました。

この前つくったギンガムのワンピース↓とまったく同じパターンです。

生地が違うだけでけっこう印象が変わるもんだなあ。

今回もスカートにはたっぷりの布を使っていて、風に吹かれたいシルエット。
ボタンは、シンプルな丸型の貝ボタン。
バックルは、ずっと前に古着屋で安く買って最近まったく使ってなかったベルトから拝借しました。

「自分のもの」になる瞬間

今回は、好きな人が「これが似合う」って選んでくれた柄で作りました。
江坂の大塚屋までわざわざ付いてきてもらって(ありがとう)

わたし、リバティ生地買うのこれが初めてで……
リバティってめちゃくちゃ種類あるし、高級だし、自分だけで決める自信なかったんですよね。それで頼みました。

なんだか布地の状態で似合うものを選んでもらうのって、既成服で同じことをやるのと全然違う経験だと思った。
相手に想像力を働かせてもらうという贅沢がある!

選んでもらったからにはちゃんと作りたくて、ちょっと緊張感漂う制作でした。

それでね、少し話が変わるけれど、

布を買ってきて家で服を作ったことある人には通じるんじゃないかと思うんだけど、買ってきた布って最初はかなりよそよそしいんですよね。

家にある他のものと比べて、明らかに異質な雰囲気があるというか、これはわたしの所有物ではないと思わせるオーラがあるというか。

だけどできあがって試着してみた瞬間に「自分のもの」になるんだよね! あの感覚……何なんでしょうね? とても不思議。
「ついに認めてもらえたぞ! あの頑固な布地に!」みたいな感じなんだよなあ(?)

これは、服を縫うことでしか得られない快感だと思います。
(ちなみに編み物は縫い物と違って、最初から親しみやすいような気がする)

きっと似合うと言ってもらった嬉しい気持ちと、似合わなかったらどうしようという不安な気持ちに揺れながら向き合っていた今回の布地。
ラスト、無事に自分のものとなった喜びもひとしおでした☺

基本情報

パターンの出典と生地の情報を載せておきますね。

パターン:篠原ともえさんの『ザ・ワンピース』
生地:リバティプリント タナローン Ciara

次は……?

この夏はワンピースを2着作ることが目標でしたが、6月の時点で既に2着できてしまいました(やったあ)

今年の夏はもういいかなあと思っていたのに、縫い終わったあとに『ザ・ワンピース』をぱらぱらめくっていたらカシュクールワンピース縫いたくなってきてしまったよ。
ファスナーもボタンもいらなくて作るの楽そうやし……

きれいなリネンが安くなってたりしたら作りたいな〜。
元気があったら大塚屋のセールに行きたいけど、遠いし結局ノムラテーラーとかで買うかも。

はあ、ワンピース100着ほしい。

〈ギンガムチェックの子供服みたいなワンピース〉――『ザ・ワンピース』の型紙で

春夏ワンピースが完成したよ!
わたしの生涯ふたつめの自作ワンピース。

紺色のギンガム生地は、播州織の先染めコットン。
「おとな向けファミリア」をテーマに、白い襟を付けて。
チューリップスリーブと、たっぷり布をつかったスカート部分が最強の可愛さ。

ひとつずつ違うお花の貝ボタンのアソート。
そんなこと、近づいてよく見ないとわからない。だがそれがいい。


パターンは、篠原ともえさんの『ザ・ワンピース』から。
ベルトはオリジナル。でもしっかりウエストが絞られているので、ベルトなしでも可愛く着られる。

わたしが見たことある洋裁本って、ゆる〜っとしたシルエットがほとんど。
流行もそんな感じだし、多くの人の体型に合うように作らなきゃいけないっていうのもあると思う。

そんな中で、この『ザ・ワンピース』シリーズ(現在3冊出てる)はかなり身に沿うシルエットばかりで、見ているだけでもほんとうに可愛くて最高! なんです。
で、今回初めて実際に作ってみて、あまりのフィット感に感激……。
こういうシルエットの服、最近は既成服でもあまり見かけない。
つまり、自分で作る意味がめちゃくちゃある!
嬉しい!

ただ、多くの人のレビューどおり、市販の服よりもサイズが小さめに作られているみたいで、普段Sを着ることが多いわたしはこの本ではMサイズでぴったりという感じでした。
これからこの型紙を使う方がいらっしゃったら、あらかじめサイズを確かめることをおすすめします。

さて、このギンガムのワンピは実は「練習」。本番は別に買ってあるリバティなんです。
今回うまくできたので、次はいよいよリバティ生地で、同じ形のワンピースを作ります。
高価な生地、裁断に緊張する><
でも、すごく楽しみです。