Christmas dinner 2018

今年のクリスマスは本当にやる気がなくて、ディナーを作る日の朝もめちゃくちゃゆっくり起きたり、せっかく起きて朝食をとった後もすぐに炬燵に飲み込まれて更に長時間意識が消失したりと散々だった。

なぜこんなにも気持ちが乗らなかったのか、今でもよくわからない。昨年のクリスマスはきちんと気合いが入っていた記憶がある。一週間前くらいから作りたいレシピを印刷、メイン料理にも煮込みを設定したので料理をしている時間はかなり長かった。そのような諸々を思い返すととにかく気が重かった、同じことはとてもできない気がした。

昨年の日記を読み返すとそこにいる自分はあまりにも幸福感に包まれていてまるで共感を抱けず、そういうつまらぬ現在の自分自身にも幻滅、2017年にも2018年にも自分の好きな自分が生きていないみたいで、とにかくそのことについて考えるのをやめたい、という気持ちで炬燵に潜り込んだのはディナー当日の、ほとんど昼に近い朝であった。

先程は少し残っていた朝の空気がもうほとんど昼に染まってきた頃に目を覚ましたら、なんとすでに、夫の手によってスープが完成しているらしく気持ちはもっと焦る。前日から試作を重ね、当日更にバージョンアップして完成させるその計画力と実行力を前に、訳が分からなくなる。そのときわたしの気持ちはどこにいたのかというと、あの幸福な光に包まれていた2017年のクリスマスと、何もかも灰色でざらざらしているような2018年のクリスマスとの間、そのちょうど半分、おそらくは2017年6月頃の、存在しない日付の寝苦しい夜に落ちていた。

もうこのままわたしは戻れない。昨年も一昨年も、いつもやっていたことをできないままでクリスマスが終わり、人生もまたこのようであるのだろうか。

そう思っていたとき、じめじめした暗がりに突如として光が差し込む。わたしの座り込む夜の底の遥か頭上にある、カレンダーの罫線のあたりからめり込んでくる、銀色のゆるいカーブ。その上には、たまごとミルクを混ぜたような優しい色の液体がゆらめいていて、やがてとろとろと、わたしの全身に降りかかった。生命の象徴のようなその黃色は、わたしの身体だけではなく、無限に続くと思われた夜の底一面に広がってゆき、頭上から差し込む銀色とそれに反射する光がその様子を照らし、そうして夜が夜でなくなり、ついにわたしの実際が明るみに出されたのだ。

スプーン一杯の味見に、こんなに救われることがあるとは。全身を満たす味。それは不思議と、口内から染み渡るというより、皮膚の外側からもたらされる心地よい充足感であった。わたしは食べているのか、それとも食べられているのかよくわからなくなるくらいに、包まれる思いがした。食べるっていったい何なのだろう。人を救う料理というのは本当にあるのだ――と思った。

白ワインでできたそのスープが、今回のクリスマスの主役であったと思う。それを味見したあと、とりあえずスーパーマーケットに行ってみたらうつくしい丸鶏を発見、ずっと作ってみたかったけれどなんとなくチャレンジせずにいた丸々一羽のローストチキンを今年ついに作ることができた。前菜はエビを買ってきて茹でてカクテルにしたり、野菜とタルタル風にしたり、シンプルだけれどいい感じだった。近くにあるフレンチレストランが手がけるケーキも、ずっと食べてみたかったのをようやく買うことができて、予想していた以上に美味しくて、嬉しかった。用意していたワインはすべて幸せな芳香を放ち、ろうそくの静かな炎に照らされて、まるで液体の宝石であった。

何もかもが救われて、ほんとうの夜が来た。れっきとした2018年12月24日の夜に、わたしはいた。

【料理記録】2018年おうち料理・おやつまとめ

サボり続けていた写真の現像に、本日やっと手を付けました(終わりました!祝)

現像過程で、自宅で食べたものの写真がたくさん出てきたので、抜粋して載せてみることに。

2018年に作ったり、作ってもらったり、一緒に作ったり、買ってきたりしたものたち。

パスタは全て、夫の手によるものです。ほぼ毎週末作ってくれます。

おやつもまとめてみましょう。

こっちは、お土産の板チョコ以外は自分で作ったものです。

週末に焼菓子を作ることが多いです。

美味しい1年だったなあと思います。

こうして並べてみると、もっといろんな器を増やしたくなるね。

来年はどんなものを食べるのかなあ。

ワインエキスパート認定バッジが届いたので、ワインとの思い出を振り返る

日本ソムリエ協会から、ワインエキスパート認定証・認定カード・認定バッジの3点セットが届きました。
合格通知はずっと前に届いていたけれど、やっぱり、ぶどうバッジを見るととても嬉しいです。


そもそも、なぜ受験することにしたんだっけ。
そう思っていろいろと記憶をたどっていたら、2016年11月23日、Instagramにこんな投稿をしていました。

ワインに興味を持ちはじめたのが、この頃なのだとわかります。

それまでもお酒を飲むのは好きだったけれど、ぶどうの品種なんて興味がなくて。
とにかく安くてそこそこ酔えたらいい、みたいな飲み方が多かったんです。

それが、この日から少しずつ変わり始めたのだと思います。


ただし、この11月頃はまだ「美味しいワインを飲みたい」というだけの気持ちだったはず。
そこから「ワインを勉強したい」と思うに至ったきっかけは、2016年12月末のヨーロッパ旅行でした。

View this post on Instagram

#weihnachtsmarkt2016 #🎄

A post shared seramayo (@seramayo) on

すでにワインに興味を持ちはじめていたので、レストランや小売店でワインを選んでみる、ということが何度もありました。
けれども、書いてある単語の意味や、エチケットの読み方が本当に全然わからなかったのです。

特にドイツワイン。
「Trocken ってどういう意味なの? 甘いのか辛いのかどっちなの???」
リースリングの辛口が大好きになった今思えば、あまりにも「ワイン初心者あるある質問」で笑えます。
だけど、当時は真剣に悩んだよなあ。

(trocken とは、英語の dry のような意味で、”Trocken”だけなら「辛口」、つまりアサヒスーパードライの「ドライ」の意だが、”Trockenbeerenauslese” と書いてある場合それは「干からびたぶどうで造られた甘口ワイン」である。こちらはドライフルーツの「ドライ」なのです)

「書いてあることの意味がわからないのが本当に嫌だ。なんとかしてわかりたい。わかって選べるようになりたい」
旅行中、ワインを見るたび――空港の免税店に至るまで、こんな気持ちでいたのをよく覚えています。


実はもうひとつ、わたしを勉強に駆り立てたものがあって、
それは、すでにワインエキスパート呼称を取得していた友人の存在でした。

彼女は大学の同級生です。
とはいえ学部は全然違い、1回生のときの教養ゼミ的なものでたまたま一緒になっただけの仲で、それ以来はただFacebookで友達であるだけという、どちらかと言えば遠い存在でした。

だけどわたしは、少し疎遠になっていた期間中も、彼女のFacebookでのワインエキスパート受験に関する投稿を読むのがとても好きでした。
まったくワインに興味のなかった時期からずっと、彼女の投稿にいつも満ちている「学ぶことが楽しくて仕方ない感じ」に大げさではなく感動を覚えていました。

そして、勇気を出して「ワインエキスパートの試験について教えてもらえませんか?」と、Messengerを彼女に送ってみたのが、2017年2月初頭。

かなり久々の連絡にもかかわらず彼女はとても親切でした。
おすすめの参考書や書籍を教えてくれたし、「絶対に大丈夫!」と言ってくれました。

自分で試験について調べて出てきた暗記事項「ボルドーの格付けシャトーの数」に面食らい、無理かも……と思っていたわたしは、彼女の言葉に背中を押され、翌日には、教えてもらった参考書を購入しました。
そしてその日から受験勉強を始め、トイレの壁がみるみるうちに白地図だらけになっていきました。

あの日からずっと、彼女はわたしの試験勉強を気にかけてくれて、応援してくれたり、共に勉強に取り組んでくれたりしました。
彼女のサポートなしでは、ワインをこんなに好きになることはできなかったと心から思います。本当にありがとう。

(彼女のブログはこちら


そして、このノート。
最初の日付は2017年2月9日。
筆記試験の勉強を始めた約一週間後から付け始めた、テイスティングノートです。

PILOT色彩雫の「山葡萄」で、今も綴り続けています。
最初のほうのページは、今読み返すと矛盾にあふれていたり、情報量がとても少なかったり、語彙があまりにも貧弱だったり……

でも、どのページも、飲んだ時の記憶を瞬時に思い出させてくれる、大切な宝物です。

「一緒に飲んだ人」「飲んだ場所」「エピソード」も書いてあります。
ワインを通じて、こんなにも人間関係が広がったのかと思うと、感無量です。

ブラインドテイスティングの練習を始めてから頻出する「◯◯の香りが取れなかった」「わからない」「不安」というネガティブな単語。
でも、確実に増えている語彙、少しそれらしくなっている文体。

勉強のためではなく楽しむために参加したワイン会にて出会った素晴らしいワインへの素直な賛辞、その表現の幅も、回を追うごとに広がっています。
テイスティングには基本的にポジティブな表現しか使いません。だからワインを勉強すると、褒めるのが上手くなってゆく――自分にも、その法則が当てはまっているようで嬉しいです。

瓶の中のインク、ずいぶん減ったなあ。
これからも減ってゆくのでしょう。
インクが減り、ノートの残りページが減り、ワインも飲んだら減る。
そのぶん、自分の心の中に降り積もってゆく何かを大切にしたいです。


とりとめのない思い出話になってしまったけれど、
このへんでまとめてみましょう。

2016年11月 ワインに興味を持つ
2016年12月 ワインを勉強したいと思い始める
2017年2月  勉強を始める
2017年8月  一次試験(筆記)合格
2017年9月  二次試験(テイスティング)不合格
2018年10月 二次試験合格

そっか、まだ2年しか経っていないのか……なんだか不思議な気持ちです。

資格取得はもちろんゴールではなく、スタート。
この2年間、ワインの広くて深い世界を感じ取って受け入れるための、本当に最低限の準備だけはできたかな、という感じ。
素晴らしいワインを飲んだときのあの感動的な瞬間に、もっともっと身を委ねるために、わたしはこれからも勉強しつづけたいです。

【ワインレポ】CALERA Pinot Noir RYAN 2011

お花屋さんになりたい、というひとことを、少女のとき。
一度でも発していたとしたら、わたしの今までと今と今からは違っていましたか。

切り花はたんなる死骸。美しい死骸をあなた方がたいせつに抱えて何度もやってきた一度しかないわたしたちのたくさんの誕生日。
確実に死が近づくことに目を向けて背けるための宴に生贄が活けられるその日、あるように思える価値は死によってもたらされたのかそれともむしろあらゆることは生死と無関係だということなのか、言いたいことはそのどちらでもなくただ美しいから花を贈るのか、わたしはずっと最後。
もしかするとあなた方には言いたいことがあったのかもしれない、でも思想はすべてあなたの手とわたしの手のちょうど境目で切断されるので残るのはいつだって美しさと香りだけなのだ。

薔薇の花には死臭がある、切られてから日を増し萎れと変色が酷くなるごと、生きている薔薇と明らかに違う芳しさがそこらじゅうに充満しわたしには軽々しく近づけないような気がする、わたしは絶対にこんな香りで死ねないのだ。

もしもわたしが、お花屋さんになりたいと言うことに成功した少女であったなら、こういうふうに朽ちてゆくことができたかもしれなかった。絵本で見たような森が立ち現れる。湿った腐葉土や落ち葉の中に、クコの実やイチゴの砂糖漬けを繋いだ鮮やかで可愛らしいジュエリーが落ちている。そこにはかつての少女が確かにある、そして絶対にもういない。そんなワイン。

【ワイン試飲会】Domaine Roulot et Domaine des Lambrays

ブログの最初の記事として何を書こうか悩んで、数日経ってしまいました。

11/1(木)にエノテカのイベント「有名ブルゴーニュ・ドメーヌ 夢の饗宴」に参加してきたので、
まずは投稿の練習がてら、その記録をつけてみます。

▲すばらしい輝き

今回のイベントには、
Domaine RoulotよりJean-Marc Roulot氏
Domaine des LambraysよりThierry Brouin氏
同じくLambraysよりBoris Champy氏
のお三方がお越しになっていました。

RoulotとLambraysの計6つのワインを試飲しながら、ドメーヌでのワイン造りのことや、それぞれのワインの畑やヴィンテージのことを教えていただきます。
穏やかに和やかに話しておられる中にも、ぶどう・畑・ドメーヌの歴史etc. ワインに関わるあらゆるものに対する思い入れがひしひしと。

はあ……フランス語、勉強し直したいなあ。
彼らの思いを、できることなら原語で感じてみたかったです。
このブログでは、せめて固有名詞に関しては、原語表記を心がけるかなあ(いつまで続くだろう?)

ではこれ以下、テイスティング(と、反省会)のメモ。


TASTING NOTE


1. Domaine Roulot MEURSAULT 2011 

・畑はclos de la baronne
・2011年はクラシックな、安定したヴィンテージ
・¥10,000

非常に輝きのある外観。
ミネラル、柑橘からはじまって、フレッシュなりんごや白桃にあるような、少し控えめな蜜のニュアンス。上方向に広がるきらきらとした香りが、非常に上品に表現されている。
アタックには落ち着いた丸みがあって、そこに酸が気品を与えている。余韻も苦味というよりは酸がしっかり伸びる。村名ではあるけれど、すごく美味しい。


2. Domaine Roulot MEURSAULT LES LUCHETS 2016

・2016年は霜害によって収穫量が非常に減少したが、その後の気候は温暖でぶどうがよく成熟、仕上がったワインの出来は良い
・¥14,000

1に比べると粘性がしっかりとある。
香りにおいて感じられるのもアプリコットなどの黄色いフルーツで、しかも少し熟れ気味のものに近い。
アタックには甘さや樹脂のニュアンスを強めに感じたが、時間が経つにつれて酸が増してくるように思った。酸の質は少し鋭い。


3. Domaine Roulot MEURSAULT 1ER CRU CLOS DES BOUCHERES 2016

・BoucheresはRoulotのモノポール
・2と同様に2016年、霜害で収穫量が少なかったが、その後の気候は温暖だったので、造られたワインの出来は良い
・¥30,000

外観については2のワインとかなり似ている。
香りには2に比べてミネラリーで爽やかな要素が見え、甘やかというよりはコク深い印象。
味わいにも、わたしの思う「シャルドネ感」がより強い。すなわちミネラル系のコクを伴った苦味の印象。それを酸が支えている感じ。2ではじめに感じられた樹脂感とアルコール感があとから来る。注がれるタイミングの問題もある?


4. Domaine des Lambrays ROSE DU CLOS 2017

・Clos des Lambrays になれなかったぶどうたちがロゼに使われるので、その年のぶどうの成熟度によって造ったり造らなかったりする
・¥4,000

少しオレンジがかった薄いピンク。おそらくこれはチェリーピンクと表現?
イチゴやラズベリーを煮詰めて、それを薄めた、というイメージ。トマトのニュアンスも。
酸とミネラルが強く、木の実や樹液のような印象もあり、とにかく味わいの要素が多く美味しいロゼという印象。


5. Domaine des Lambrays CLOS DES LAMBRAYS GRAND CRU 2016 (¥40,000)

・2016年、clos des lambraysにおいては霜害は少なかった。フィネス・優しいタンニンがLambraysらしいヴィンテージ
・¥40,000

少し濃いラズベリーレッド、輝きがあって粘性は中程度。
香りがとても華やか、赤い果実、落ち葉やスパイスのニュアンス、わたしは女性的な印象を抱いた。
ふくよかなアタックにたくさんの要素が感じられ、その直後にきれいな酸が到来することで香りから想像される優雅さを味わいにも与えている。余韻には果実味と塩味。今飲んでも美味しいけれど、まだまだ10年くらい待てそう。


6. Domaine des Lambrays CLOS DES LAMBRAYS GRAND CRU 2014 (¥36,000)

・2014年はクラシックでブルゴーニュらしさがある年、つまり果実味・ミネラル・スパイスのバランスが良好なヴィンテージ
・¥36,000

2016年に比べ、少しだけ色が薄めでオレンジがかる。
ほんの少し煮詰めた赤い軽いフルーツの印象のあと、クローヴ、シナモン、アニス系のスパイシーな香り。
味わいにはシャープな酸味と美味しい青みがあり2016よりもすっきりしていて、同じ女性的といっても少女のイメージ。余韻にコクと酸味。時間が経つとアルコール感が強まってくる。これもたぶん、飲むにはまだ早いのかな、という気がした。


(7. 嬉しいおまけ) BODEGA CHACRA CHARDONNAY PATAGONIA 2017

・Jean-Marc Roulot氏がネゴシアンの形で関わっている
・急遽テイスティングリストに加わった、できたばかりのワイン
・Meursaultでの使用樽を運んで使っている

「焼いたりんごにシナモンをかけたものが乗ったデニッシュ」そのものの、香ばしくて丸い食欲をそそる香り。
味わいにも丸くて豊かな印象があり、とにかく食欲を掻き立てるワインであった。


全体を通して

▲全部美味しいって相当幸せ

この7つのワイン、全て美味しく思えたが、その中でもいちばん好きだったのは最初に飲んだMeursault 2011。
一緒に参加した友人が「2011は美味しい! 2011大好き!」を連呼していたので、多少は影響されたのかもしれません笑
でも、Chardonnayの持つ苦味がそんなに好きではないわたしにとって、「余韻に苦味よりも美しい酸が残る」のが本当に美味しくて。

ワインにおける酸の表現で、「伸びる酸」というものがあります。
ワインを勉強する中、テイスティングコメントとしてよく見かけたけれど、実はあまりピンと来ていませんでした。
でも今回、はじめて実感できたんです。
「これが『伸びる酸』だ!本当に伸びるとしか表現できない!!」って……感涙を覚えた……大げさではなく!
知識として学んだことを、身をもって体験・実感できるって、何の分野においてもものすごく快感だなあと思います。


反省会♡ @Mandou

▲トリッパの煮込み

今回のイベントには、友人と2人で参加していました。
「ちょっと試してみる」という形でワインを飲むときは、誰かといっしょにやったほうが楽しいし実りがあると感じています。
ワインはわたしにとって嗜好品であり、結局は自分の好みが大事なのだけれど、実はその自分の好みというのを、ひとりでは決して発見できないのです。
共に勉強してくれるひとが存在するのは幸いなこと。ありがとう。

ということで、イベント後の反省会(?)
この夜は北新地のわいんばるMandouにお邪魔。

ワインを少量ずつ3種類選んで飲めるメニューがあるので、それを注文。
シニアワインエキスパートを目指す友人はこのときもブラインドで出してもらっていて、本当に尊敬できる……と思いました。
彼女とは大学で出会った仲で、いつかWSETを一緒に受けたいね、と話していて…でもわたしは今年ワインエキスパートを取ったばかりなので、しばらく試験からは離れて、のびのび美味しいお酒を飲む予定。ビールとか日本酒とかウイスキーとかも大好きなので。

長々と書いてしまった気がする、ブログの長さ感覚がわかりません。
読みやすいデザインにするのは追い追いになりそう……
ぼちぼち、がんばりましょうね。

ではでは。