【珈琲豆レポ】〈ニカラグア〉モンテクリスト農園 カツアイ・ナチュラル(たたらば珈琲)

珈琲レポです。

先週末、たたらば珈琲というお店に初めて伺い、豆を購入しました。
カフェが併設されていて、赤ちゃんからお年寄りまで地元の方々に愛されている感じでした。
豆は山合いの焙煎所にて自家焙煎されてお店に届いているそうです。
決済方法にpaypayが導入されていました。

では詳細を。


◆ DETAIL
・商品名:ニカラグア モンテクリスト農園 カツアイ・ナチュラル
・購入店:たたらば珈琲 本店
・原産国:Republic of Nicaragua
・農園:Montecristo Farm
・畑の標高:1,700
・品種:Catuai
・焙煎:中深煎りくらい?
・お店による説明:
  南国フルーツのようなジューシーな果実感
  甘い香りと心地よい酸の調和。
  味わいはバランスよく滑らかな口当たり。
  後味にカスタードクリームの甘味を残す。

◆ TASTING NOTE
▷ 珈琲の正式なテイスティング法ではなく、普通に飲むために淹れて感じたことのメモです
▷ ハンドドリップ(フィルター:KONO 名門 MDK21)
▷ 26(10+8+8)g、3杯分
▷ WEDGWOOD 「リー」型のカップ

外観
・少し黄色みがかった茶褐色。

香り
・ミルクチョコのトップノート。
・フルーティーな酸の印象。軽やか。

味わい
・口に含んだ瞬間の軽やかさ、クリアさが印象的。
・テクスチュアはとてもなめらかで、流れるような感じ。
・余韻に割と強めのコク、苦みと甘みの合わさった香ばしい味わいが残る。
・キレが非常に良い。

全体の印象
・クリアな、シャープな、つやのある、流れの良い…というワードが似合う感じ。
・キレがよくて口内での存在感が大きすぎないのでモーニングのようなシンプルな食事に合いそうな気がする。

◆ MEMO:品種について
この「Catuai」という品種は、
前回飲んだUnirの〈GUATEMALA〉EL SOCORROに含まれる品種CaturraとMundo Novoという品種を交配させたもの。
そしてCatuai,Caturra,Mundo NovoはすべてBourbon種に由来するものである。

Wikipedia「コーヒーノキ」にあるこの画像↓がわかりやすい!

コーヒーの栽培品種

今日はお勉強メモ少なめ💦
次はがんばる……!

COMMENT

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください