日記 2019/06/11

昨晩は、知り合いのひとに頂いた、丹念に育てられた野菜の、緑色の切れ端が流しに落ちており、そこにある虫食いに、これを育てた人とこれを食べた虫とのそれぞれの生の感じみたいなものを見ていたら、突如として自分の人生のあまりの無意味さというか、生の感じのなさ、を感じて押しつぶされそうになっていたのだが。

今朝久しぶりに飲んだムレスナティーが予想以上の美味しさで突然に救われた。

美味しいもの・素敵なもの・わくわくするものを見ると、みんなにも知ってほしいと思う……そんな素朴な気持ちを思い出した。

「CHAMPAGNE ROSE DE 新しい世界をひらこうよッ のおいしい紅茶」
ほのかな酸味やお花の香りが華やかで、柔らかみもあるけれど決して甘すぎることなく、複雑な味わいが美味しい紅茶。

新しい世界といえば……

最近毎日のようにプリリズレインボーライブを見ているので、新しい世界はひとりではひらけない、ということを思ってしまいますね。

外気に触れる機会がもっと必要なのかもしれない。でもなかなか。

自分は気が変わりやすすぎて、その日に交わした約束でないと守るのが厳しい感じなので、今の生活だと誰かと飲みに行くということもできない(このあと飲みに行こう!ていう誘いができる人がいない)。

って思ってたらめちゃくちゃ似たようなことをTwitterフォロワー氏が呟いていて、自分だけじゃないんだ〜と安心しました。

わたしの場合、数週間後とかに約束を入れると、その約束が守れるか当日までずっと心配してしまって何も手に付かないし、終わったあと気が抜けて数日何も手に付かないって感じになるんだよなあ。しかも約束守れないことも多いし社会性が終わってると思う。

解決策は見つかってないよ。むずかし〜ね!

COMMENT

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください