なにかについて

ワインエキスパート認定バッジが届いたので、ワインとの思い出を振り返る

日本ソムリエ協会から、ワインエキスパート認定証・認定カード・認定バッジの3点セットが届きました。合格通知はずっと前に届いていたけれど、やっぱり、ぶどうバッジを見るととても嬉しいです。 そもそも、なぜ受験することにしたんだっけ。そう思...
日記とエッセイ

日記

ブログに何を書いたらいいかわからない、昔どうやって更新していたのか思い出せない。他人に見せる前提で何かを書く、という機会がここ2年ほどなかったので、キーボードを打つ音の響きもなんとなくぎくしゃくしているような気がする。 火曜日、半年ぶ...
なにかについて

【ワインレポ】CALERA Pinot Noir RYAN 2011

お花屋さんになりたい、というひとことを、少女のとき。一度でも発していたとしたら、わたしの今までと今と今からは違っていましたか。 切り花はたんなる死骸。美しい死骸をあなた方がたいせつに抱えて何度もやってきた一度しかないわたしたちのたく...
日記とエッセイ

実家にて

約2週間ほど実家に帰省して、母と二人暮らしをしている。もう明日には元の生活に戻る。 今回はわたしが料理を担当した。 いつも帰省といえばお盆やお正月、1泊2日くらいがほとんどなので少し特別なものをごちそうしてもらうという感じなの...
なにかについて

Tchaikovsky Symphony No. 4

今度チャイコフスキーの交響曲第4番に乗せてもらうことになり、曲について調べていた。パトロンであるメック夫人に宛てた書簡に、作曲家本人による曲の構想の説明が残っているという、レアな作品。 まず、曲について説明する部分のはじめに、次のよ...
なにかについて

【ワイン試飲会】Domaine Roulot et Domaine des Lambrays

ブログの最初の記事として何を書こうか悩んで、数日経ってしまいました。 11/1(木)にエノテカのイベント「有名ブルゴーニュ・ドメーヌ 夢の饗宴」に参加してきたので、まずは投稿の練習がてら、その記録をつけてみます。 ▲すばらしい...
日記とエッセイ

Frei aber einsam

Sonate F.A.E.  Scherzo (Vn: Jascha Heifetz) なにかに出会ったときのこと、そこで感じた気持ちを、死ぬまでずっと心の中にとどめていたって、困ることはないのに。ついこうして、誰かに読...
タイトルとURLをコピーしました